観世流能楽師 勝海 登 (重要無形文化財総合指定保持者)オフィシャルサイト

勝海家所蔵の「能面集」より
 

勝海家所蔵の「能面集」より

能面「若女」わかおんな
能面「若女」わかおんな

能面 喝食(かっしき)
能面  喝食(かっしき)

能面「三日月」みかづき
能面「三日月」みかづき

能面 猩々(しょうじょう) 作者不詳 江戸時代上期作
能面 猩々(しょうじょう) 作者不詳 江戸時代上期作

能面 近江女(おうみおんな) 作者不詳 江戸時代後期作
能面 近江女(おうみおんな) 作者不詳 江戸時代後期作

能面 大癋見(おおべしみ) 出目栄満作(古元利)〜1705没
能面 大癋見(おおべしみ) 出目栄満作(古元利)〜1705没

能面「曲見」しゃくみ
能面「曲見」しゃくみ

能面「中将」ちゅうじょう
能面「中将」ちゅうじょう

能面「小癋見」こべしみ
能面「小癋見」こべしみ

能面「泥眼」でいがん
能面「泥眼」でいがん

能面「蝉丸」せみまる
能面「蝉丸」せみまる

能面「千種怪士」ちぐさあやかし
能面「千種怪士」ちぐさあやかし

能面「朝倉尉」あさくらじょう
能面「朝倉尉」あさくらじょう

能面「大飛出」おおとびで
能面「大飛出」おおとびで

能面「痩男」やせおとこ
能面「痩男」やせおとこ

能面「増女」ぞうおんな
能面「増女」ぞうおんな

能面「霊之怪士」れいのあやかし
能面「霊之怪士」れいのあやかし

能面「怪士」あやかし
能面「怪士」あやかし

能面「邯鄲男」かんたんおとこ
能面「邯鄲男」かんたんおとこ

能面「不動」ふどう
能面「不動」ふどう

能面 「喝食」かっしき
能面 「喝食」かっしき

能面「神体」しんたい
能面「神体」しんたい

能面「平太」へいた
能面「平太」へいた

能面「孫次郎」まごじろう
能面「孫次郎」まごじろう

能面「中将」ちゅうじょう
能面「中将」ちゅうじょう

能面「龍女」りゅうにょ
能面「龍女」りゅうにょ

能面「十寸髪」ますかみ
能面「十寸髪」ますかみ

能面「大癋見」おおべしみ
能面「大癋見」おおべしみ

能面「童子」どうじ
能面「童子」どうじ

能面「一角仙人」いっかくせんにん
能面「一角仙人」いっかくせんにん

能面「頼政」よりまさ
能面「頼政」よりまさ

能面「黒髭」くろひげ
能面「黒髭」くろひげ

能面「鷹」たか
能面「鷹」たか

能面「痩男」やせおとこ
能面「痩男」やせおとこ

能面「増女」ぞうおんな
能面「増女」ぞうおんな

能面「深井」ふかい
能面「深井」ふかい

能面「童子」どうじ
能面「童子」どうじ

能面「小飛出」ことびで
能面「小飛出」ことびで

能面「慈童」じどう
能面「慈童」じどう

能面「舞姫」まいひめ
能面「舞姫」まいひめ

能面「若女」わかおんな 別名(節木天女)
能面「若女」わかおんな 別名(節木天女)

能面「大顰」おおじかみ
能面「大顰」おおじかみ

能面「姥」うば
能面「姥」うば

能面「般若(赤)」はんにゃ
能面「般若(赤)」はんにゃ

能面「悪尉」あくじょう
能面「悪尉」あくじょう

能面「獅子口」ししぐち
能面「獅子口」ししぐち

能面「十六」じゅうろく
能面「十六」じゅうろく

能面「釈迦」しゃか
能面「釈迦」しゃか

能面「真蛇」しんじゃ
能面「真蛇」しんじゃ

能面「若女」わかおんな
能面「若女」わかおんな

能面「小癋見」こべしみ
能面「小癋見」こべしみ

能面「般若(白)」はんにゃ
能面「般若(白)」はんにゃ

能面「痩女」やせおんな
能面「痩女」やせおんな

能面「俊寛」しゅんかん
能面「俊寛」しゅんかん

能面 「顰」しかみ
能面 「顰」しかみ

能面「東江」とごう
能面「東江」とごう

能面「尉」じょう
能面「尉」じょう

能面「中将」ちゅうじょう
能面「中将」ちゅうじょう

能面「大癋見」おおべしみ
能面「大癋見」おおべしみ

能面「深井」ふかい
能面「深井」ふかい

能面「増女」ぞうおんな
能面「増女」ぞうおんな

能面「小飛出」ことびで
能面「小飛出」ことびで

能面「獅子口」ししぐち
能面「獅子口」ししぐち

能面「平太」へいた
能面「平太」へいた

能面「般若(赤)」はんにゃ
能面「般若(赤)」はんにゃ

能面「山姥」やまんば
能面「山姥」やまんば

能面「増女」ぞうおんな
能面「増女」ぞうおんな
 
PAGE TOP
HOME > 勝海家所蔵の「能面集」より

Follow us

BLOG

facebook

HOME